高精度赤外線診断

大切な建物を安全・安心の技術でスピーディーに診断!!

現在、建物の外壁は打診調査が一般的ですが、足場の仮設やゴンドラ作業などが発生することがあるため、
高額な費用や長期の期間を必要とします。これが検査実施への大きな障壁となっています。
豊神では、打診検査に替わる調査方法として「高精度赤外線検査」をご提案させていただきます。
赤外線カメラを用いて調査を行い、打診調査に比べて的確な上に「短期間・低コスト・広範囲」の検査が可能です。
さらに弊社の解析技術で赤外線検査をより効果的に活用し、高精度に診断。問題の箇所を的確に発見します。
定期的な検査や修繕工事の事前調査など、幅広い用途に是非ご活用ください。

定期報告制度の見直し

高精度赤外線診断をお勧めするメリット

見えない劣化を解析

タイル裏面に生じた剥離で空壁に空気が滞留していると思われる高温の温度分布が確認できます。

侵入箇所がハッキリ!

例:4階建てベランダ軒

赤丸部分のひび割れは上部からの雨水を吸い込みます。右側部分は、補修劣化不良の可能性があります。


4Fベランダ笠木部分に水分の浸入形跡があります。