NET31 ラス型枠

 

ラス型枠工法とは、従来の土木・建築コンクリート工事で使用していた合板や鉄板等の代わりに特殊金鋼を使用した捨型枠工法です。
従来工法の欠点であった生コン打設字の余剰水や気泡問題だけでなく工期、材料置場、騒音問題等を解決し、多くの方々から喜んで頂ける画期的な工法です。
しかも、従来工法に比べて亜熱帯雨林等の木材に頼る必要がない製品を使用した工法であり、地球環境と人に優しい型枠工法と言えます。


PDFファイルのダウンロード